母の日に選ばれているフラワーギフト

subpage01

5月の第2日曜日は「母の日」の行事の日で、日本では知らない人はいないくらい広く知られています。この日には、日頃の感謝を込めて母親にプレゼントをする人も少なくありません。
中でも最もポピュラーな贈り物といえばカーネーションで、この時期になると赤やピンクのカーネーションの花がフラワーショップや園芸店の店頭に並びます。

母の日にカーネーションを贈る場合でも、いくつかの種類があり選択肢はひとつではありません。

母の日に関するご質問を解決いたします。

そのなかのひとつにあるのが生花で、フラワーアレンジメントや花束として切り花を使ったものや、根付きの鉢花です。

アレンジメントや花束の切り花は、それほど長く持つ訳ではありませんが、他の花材や葉との組み合わせの美しさが魅力です。

根付きの鉢花は、切り花よりも長持ちするのが特徴ですが、長く楽しむには世話をする必要があります。

長く手元に残して欲しい人や世話が不要なものが良いという人に、母の日の贈り物として選ばれているのが、カーネーションの造花です。



近年では、可愛らしいプードルをかたどったものやリース状になっているものが人気を集めています。
比較的安価で買うことが出来るため、小さな子どもから母親へのプレゼントとして人気です。
他にも、生の花を長期間保たせるように加工したカーネーションのプリザーブドフラワーや、オイルとともに瓶詰めにしたハーバリウムなども母の日の贈り物としてよく選ばれています。


高級感とオシャレな雰囲気があり、幅広い年代の方へ贈られています。